牧冬映(初代)(読み)まき とうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧冬映(初代) まき-とうえい

1721-1783 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)6年生まれ。江戸の人。中川宗瑞(そうずい),佐久間柳居(りゅうきょ),3代深川湖十にまなぶ。江戸座の判者から,のち独立して冬映側をたてた。天明3年8月24日死去。63歳。別号に冬渉,冬英,桂窓,紫陽館,老蚕,瑞興亭,白花庵。著作に「桂の実」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android