コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧港補給地区(キャンプ・キンザー)

1件 の用語解説(牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

牧港補給地区(キャンプ・キンザー)

米海兵隊が管理し、面積は南北約3キロ、東西約1キロの273ヘクタール。基地で働く海兵隊員は2340人。日米が合意した返還計画では、今年度以降、段階的に返還するとされ、倉庫約30棟がある東側の129ヘクタールの返還時期は2025年度以降とされた。マンション(884戸)、兵舎(991室)のほか、小学校や教会、映画館がある西側の居住エリア142ヘクタールは、24年度以降。浦添市は跡地にリゾートホテルやショッピング施設をつくることで、基地で現在働く人の20倍、約2万3千人の雇用がうまれると試算している。

(2013-04-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の関連情報