コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧輗 まきげい

1件 の用語解説(牧輗の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

牧輗

幕末の儒者。美濃の人。字は信吾、信侯。通称は善助。号は戇斎、百峯、三野など。頼山陽門下で詩文を能くし、学習院儒学教授を務めた。程朱学派。文久三年(1863)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牧輗の関連キーワード柴秋邨高橋在靖皆川善美濃物六神通美濃の家づと秋田稲人天方暦山岩瀬尚庵牧百峰

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone