牧野 周一(読み)マキノ シュウイチ

20世紀日本人名事典の解説

牧野 周一
マキノ シュウイチ

昭和期の漫談家



生年
明治38(1905)年2月21日

没年
昭和50(1975)年5月3日

出生地
宮城県石巻市

本名
宇野 主一

学歴〔年〕
麻布中中退

主な受賞名〔年〕
芸術祭奨励賞〔昭和40年〕

経歴
2歳から東京で暮す。大正12年、18歳の時に活動写真の弁士を志して徳川夢声に師事。15年無声、大辻司郎らが作ったナヤマシ会に参加、漫談の芸を身につける。映画のトーキー化にともない、昭和10年ごろ本格的に漫談に転向し、松井翠声と並んで司会者としても草分け的な存在となった。戦後は民放ブームに乗って人気が高まり、特に「素人名人会」の司会ぶりは有名。寄席では落語家の大真打ちと並んでトリをつとめるほどだった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

牧野 周一
マキノ シュウイチ


職業
漫談家

本名
宇野 主一

生年月日
明治38年 2月21日

出生地
宮城県 石巻市

学歴
麻布中中退

経歴
2歳から東京で暮す。大正12年、18歳の時に活動写真の弁士を志して徳川夢声に師事。15年無声、大辻司郎らが作ったナヤマシ会に参加、漫談の芸を身につける。映画のトーキー化にともない、昭和10年ごろ本格的に漫談に転向し、松井翠声と並んで司会者としても草分け的な存在となった。戦後は民放ブームに乗って人気が高まり、特に「素人名人会」の司会ぶりは有名。寄席では落語家の大真打ちと並んでトリをつとめるほどだった。

受賞
芸術祭奨励賞〔昭和40年〕

没年月日
昭和50年 5月3日 (1975年)

家族
長男=宇野 功芳(音楽評論家・指揮者),三男=宇野 道義(帝京大学助教授)

伝記
芸人という生き方―渥美清のことなどさらば、愛しき芸人たち 矢野 誠一 著矢野 誠一 著(発行元 文芸春秋文芸春秋 ’01’89発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android