コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物仕・物師 ものし

大辞林 第三版の解説

ものし【物仕・物師】

物事に熟練した人。 「なほひかへさせ給へ。いみじき-ぞ、まろは/落窪 1
世事に慣れている人。巧みな人。老練な人。やり手。 「女房さすが-にて、詞をやはらげ/浄瑠璃・薩摩歌」
お物師 」に同じ。 「腰元・中居女・-を添て/浮世草子・胸算用 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

物仕・物師の関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android