コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物臭い・懶い ものぐさい

1件 の用語解説(物臭い・懶いの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ものぐさい【物臭い・懶い】

( 形 ) [文] ク ものぐさ・し
〔中世後期頃まで「ものくさし」と清音〕
(何かをするのが)おっくうだ。面倒だ。大儀である。 「何をするのも-・い」
何となく怪しい。うさんくさい。 「この内は-・し。捜せや捜せ/浄瑠璃・碁盤太平記」
病気で体がだるい。気分がすぐれない。 「 - ・くなりて、死ぬべき時に/仮名草子・仁勢物語」
何となくくさい。どことなく嫌なにおいがする。 「女君は、程ふるままに-・き部屋に臥して/落窪 1

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone