コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物臭太郎 ものぐさたろう

大辞林 第三版の解説

ものぐさたろう【物臭太郎】

御伽草子。二巻。作者未詳。室町時代成立。信濃国の物臭太郎は無類の無精者であったが、歌才によって宮中に召された。彼は皇族の末で善光寺如来の申し子とわかり、信濃の中将にまで出世し、死後、おたがの大明神とあがめられる。民間説話を素材にした立身成功談。おたがの本地ほんじ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

物臭太郎の関連キーワード踏み脱ぐ・踏脱ぐ辻捕り・辻取り善光寺如来民間説話御伽草子本地物過ぎる懶草履田蔵田大明神申し子無精者信濃大空歌才本地

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android