物見高(読み)ものみだかい

精選版 日本国語大辞典の解説

ものみ‐だか・い【物見高】

〘形口〙 ものみだか・し 〘形ク〙 なんでもめずらしがって見物しがちである。先を争って見たがる。好奇心が強い。ものみだけい。
※虎寛本狂言・庖丁聟(室町末‐近世初)「扨あの方はつっと物見高い所で御座るに依て」
ものみだか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報