コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特例公債法案

1件 の用語解説(特例公債法案の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特例公債法案

国家予算の財源として、税収で足りない分を借金で賄うため赤字国債の発行を認める法案。毎年度制定する必要がある。予算案は参院が否決しても衆院の議決が優先されるが、特例公債法案は参院が否決すれば成立しない。「ねじれ国会」で政権を追い込む材料にもなり、昨年の通常国会では法案成立が菅直人首相(当時)の退陣条件の一つとなった。

(2012-11-01 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特例公債法案の関連キーワード予備金国家予算足りない取るに足りない物足りない飽足りない異とするに足りない食足りないペイアズユーゴー民主党の財源論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特例公債法案の関連情報