コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別指定選手制度

1件 の用語解説(特別指定選手制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特別指定選手制度

大学や高校のアマ登録の選手が、日本サッカー協会の認定を受けてJリーグなどプロの試合に出場できる制度。1クラブで3人まで同時に受け入れ可能。1998年から高校生を対象に「強化指定選手」として始まり、2003年から対象を大学生にも広げて現名称となった。

(2012-04-21 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別指定選手制度の関連キーワード日本サッカー協会天皇杯JFAカバーリングステートアマプロム明治神宮野球大会川淵三郎スペシャルライセンスプレーヤージャパンフットボールリーグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特別指定選手制度の関連情報