コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別民事裁判所[古代ローマ] とくべつみんじさいばんしょ[こだいローマ]centumviri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別民事裁判所[古代ローマ]
とくべつみんじさいばんしょ[こだいローマ]
centumviri

前 241年以後設置され,第2審として広く民事訴訟を裁いた。特に遺産相続に関する判決はのちの相続法に大きな影響を与えた。初期の裁判人は 35トリブスから3名ずつ計 105名で構成され,ケンツムウィリ (百人官の意) と呼ばれた。皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) 以後定員 180とされ,十人官 (デケムウィリ ) が指揮するにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

特別民事裁判所[古代ローマ]の関連キーワードアメリシウムアッタロス朝トリブスアギス[4世]アッタロス[1世]トリブスアギス4世アメリシウムアルダシール1世エウメネス1世

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android