コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別永住資格

1件 の用語解説(特別永住資格の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特別永住資格

終戦前から日本に居住し、サンフランシスコ講和条約の発効(1952年)で日本国籍を失った在日韓国・朝鮮人とその子孫に対して認められた永住許可。入国審査時の顔写真撮影や指紋採取が省かれるなど「一般永住資格」とは違った扱いを受ける。前身は66年に在日韓国人に認められた「協定永住」と82年に在日朝鮮人に認められた「特例永住」の資格。昨年末時点の特別永住者は約38万9千人。

(2012-12-07 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別永住資格の関連キーワードシスコフランシスコサンフランシスコオークランドベイブリッジサンフランシスコ交響楽団サンフランシスコマラソンサンフランシスコのチャイナタウンディエゴ=デ=サン=フランシスコ《霧のサンフランシスコ》サンフランシスコ49'ers《サンフランシスコ・レビュー》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特別永住資格の関連情報