コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別養子縁組のあっせん事業

1件 の用語解説(特別養子縁組のあっせん事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特別養子縁組のあっせん事業

特別養子縁組は、生みの親が育てることが著しく難しい原則6歳未満の子どもが対象。縁組が成立すれば、戸籍に育て親の実子として記載される。2012年には計339件の特別養子縁組が成立。多くは児童相談所か民間事業者のあっせんを受けた。民間事業者は都道府県への届け出が必要で、厚労省の調べでは、社会福祉法人宗教法人など計15事業者(11年度)。子どもを育てられない生みの親側と育て親を希望する側の双方から電話やメールで相談を受け、子どもを託す相手を決めるケースが目立つ。

(2014-05-21 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別養子縁組のあっせん事業の関連キーワード生みの親より育ての親生みの恩より育ての恩特別養子縁組取り子婿養子縁組・聟養子縁組生みの親縁組裁判離縁婿養子縁組国際養子縁組

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特別養子縁組のあっせん事業の関連情報