コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定国立研究開発法人

1件 の用語解説(特定国立研究開発法人の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定国立研究開発法人

国の研究機関が世界最高水準の成果を生み出すための制度。現行の独立行政法人制度ではコスト削減が求められ、革新的な研究成果が出しづらいとの反省から、新法人では組織の裁量権を高める。現行制度では研究者の給料は公務員並みとしているが、トップの判断で高給で優秀な研究者を招けるようにしたり、厳しい成果主義も導入できるようにしたりする。ただ、これらの法人の無駄遣いが膨らめば政府が進める行政のスリム化と逆行しかねないため、担当大臣や総合科学技術会議の強い関与で2法人の運営を厳正に評価するという。

(2014-03-13 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特定国立研究開発法人の関連キーワードIT基本法沖縄科学技術大学院大学NIH実験生物WIDER協同農業普及事業林業普及指導事業競争的研究費制度国際共同研究事業大学発ベンチャー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特定国立研究開発法人の関連情報