コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定地域開発就労事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定地域開発就労事業

旧産炭地など就労機会が極端に少ない地域に対する国の雇用対策として71年に始まった。創設時には福岡や沖縄など11県で実施。暫定的な対策であることから徐々に廃止されてきた。道路工事などの土木作業が中心。

(2007-07-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android