特定目的会社(SPC)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定目的会社(SPC)

債権や不動産など企業が保有する資産を本体から切り離し、資産を元手有価証券を発行して広く投資家から資金を調達するために設立する会社。出資者の一定割合が企業本体と関係ない場合には連結対象から外せるため、財務内容を改善するための不良資産分離などに利用される。

(2009-09-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

特定目的会社(SPC)

資産の譲り受け目的などで設立される会社。一般投資家から資金を募り、不動産を所有して信託銀行などに運用を委託し、賃貸収入や売却益を得て、投資家に配当する形態などがある。

(2011-08-24 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android