コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特恵関税制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特恵関税制度

発展途上国から輸入する農産品や製品などの関税を低くして(特恵関税)、途上国の経済発展を支援する仕組み。1971年に導入し、154カ国・地域の3552品目が対象。世界銀行の基準で、途上国の1人あたりの国民総所得が高所得国の水準(09年は約1万2千ドル以上)を3年連続で超えると、対象国から外れる。対象国であっても、市場占有率が高い輸入品は特恵関税の対象から外れる。

(2011-01-14 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

特恵関税制度の関連キーワードアセアン域内特恵関税制度イギリス連邦特恵関税制度アセアン域内経済協力開発途上国開発問題オタワ特恵関税協定プレビッシュ報告イギリス帝国会議一般特恵関税制度国連貿易開発会議特別特恵関税制度特恵原産地証明書シーリング方式マキラドーラ自由貿易地域アルジェ憲章チェンバレンオタワ会議オタワ協定AFTAGSP

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特恵関税制度の関連情報