コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特許の出願

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特許の出願

特許庁に対し、発明の意義や効果、実験データなどを記載した書類を提出する。出願者は出願後3年以内に審査を請求し、発明の価値が認められると、特許が得られる。出願中の特許案件と同じ発明が重複して出願されるのを防ぐため、出願内容は出願から1年6カ月後に公報やインターネットで公開される。

(2006-04-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

特許の出願の関連キーワードヨーロッパ特許条約インターネット出願特許ファミリー情報開示義務欧州特許条約特許協力条約先発明主義新常態特許庁誘導機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特許の出願の関連情報