コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬養 健 イヌカイ タケル

20世紀日本人名事典の解説

犬養 健
イヌカイ タケル

大正・昭和期の政治家,小説家 法相;民主党総裁;衆院議員。



生年
明治29(1896)年7月28日

没年
昭和35(1960)年8月28日

出生地
東京市牛込区馬場下町(現・東京都新宿区)

学歴〔年〕
東京帝国大学文科大学哲学科中退

経歴
犬養毅の長男に生まれる。学習院時代に「白樺」の影響を受け、東大在学中の大正6年「一つの時代」を「白樺」に発表。以後「家鴨の出世」「二人兄弟」など多くの小説を発表し、12年「一つの時代」を刊行。以後「南国」「家鴨の出世」「南京六月祭」などを刊行した。昭和5年父の跡を継ぎ、政友会から衆院議員に当選、以来11期務める。この間、日支事変では汪兆銘の南京政府工作に尽力。16年ゾルゲ事件に関連して起訴されたが無罪となる。戦後は公職追放解除後、進歩党結成に参加し、23年には民主党総裁となる。26年自由党に入り、27年吉田内閣の法相に就任したが、29年の造船疑獄事件で指揮権を発動し、その責任をとって辞任した。他の著書に「楊子江は今も流れている」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

犬養 健
イヌカイ タケル


肩書
法相,民主党総裁,衆院議員

生年月日
明治29年7月28日

出生地
東京市牛込区馬場下町(現・東京都新宿区)

学歴
東京帝国大学文科大学哲学科中退

経歴
犬養毅の長男に生まれる。学習院時代に「白樺」の影響を受け、東大在学中の大正6年「一つの時代」を「白樺」に発表。以後「家鴨の出世」「二人兄弟」など多くの小説を発表し、12年「一つの時代」を刊行。以後「南国」「家鴨の出世」「南京六月祭」などを刊行した。昭和5年父の跡を継ぎ、政友会から衆院議員に当選、以来11期務める。この間、日支事変では汪兆銘の南京政府工作に尽力。16年ゾルゲ事件に関連して起訴されたが無罪となる。戦後は公職追放解除後、進歩党結成に参加し、23年には民主党総裁となる。26年自由党に入り、27年吉田内閣の法相に就任したが、29年の造船疑獄事件で指揮権を発動し、その責任をとって辞任した。他の著書に「楊子江は今も流れている」がある。

没年月日
昭和35年8月28日

家族
父=犬養 毅(政友会総裁) 長女=犬養 道子(評論家) 長男=犬養 康彦(共同通信社長) 娘=安藤 和津(エッセイスト)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犬養 健の関連情報