コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

状況意味論 じょうきょういみろん situation semantics

1件 の用語解説(状況意味論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうきょういみろん【状況意味論 situation semantics】

状況意味論は,1970年代から80年代にかけて,自然言語の意味論の分野におけるさまざまな問題を解決しながら,情報と行為という概念を視野におさめて,かつ数学的に厳密な基礎づけをもつ理論を構成しようとした哲学的提案である。現在では,この提案は自然言語と心的態度帰属の意味論を真剣に考えようとするすべての研究者によってなんらかの形で承認されている。しかし,80年代に提案されたときに状況意味論がとっていた形式的表現は,そののちの数学的,情報論的吟味によってほとんど姿をとどめなくなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

状況意味論の関連キーワード馮鏡如一般意味論意味論近代建築クワント絶対年代ワイエスバージェス頁岩フーリガンスモークボール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone