コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩りの使ひ かりのつかい

大辞林 第三版の解説

かりのつかい【狩りの使ひ】

平安初期、朝廷の用にあてる鳥獣を狩りするために、河内かわち・遠江とおとうみなどの諸国に遣わされた勅使。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狩りの使ひの関連キーワード諸国朝廷鳥獣遠江勅使