コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩る・猟る かる

大辞林 第三版の解説

かる【狩る・猟る】

( 動五[四] )
〔「駆る」と同源〕
鳥獣などを追い立てて捕らえる。狩りをする。 「狐を-・る」 「鷹を手に据ゑ三島野に-・らぬ日まねく/万葉集 4012
隠れている罪人や敵兵などを捕らえるために捜しまわる。 「遠くはあらじ、一二町野を-・れ/浄瑠璃・丹波与作
草木・花・キノコなどを探し求めて山野を歩く。 「桜を-・り、紅葉をもとめ/方丈記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狩る・猟るの関連キーワード丹波与作方丈記

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android