狩座・狩倉・狩競(読み)かりくら

大辞林 第三版の解説

かりくら【狩座・狩倉・狩競】

狩り場。 「かの国に朝妻とて日本一の-あり/曽我 5
きそって狩りをすること。特に鹿狩りをいう。 「 -すでにすぎければ/曽我 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android