コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野休伯 かのう きゅうはく

1件 の用語解説(狩野休伯の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野休伯

徳川初中期の画家。休伯狩野家二代目。名は昌信、通称左衛門。休伯長信の長子。画法を父に受け雁を得意とした。三代将軍の御小姓を勤める。元禄元年(1688)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野休伯の関連キーワード狩野休圓狩野永叔狩野洞白狩野安仙狩野休山狩野休碩狩野休伯(2代)狩野玉栄狩野玉燕

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone