コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野栄川(2) かのう えいせん

1件 の用語解説(狩野栄川(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野栄川(2) かのう-えいせん

1730-1790 江戸時代中期の画家。
享保(きょうほう)15年11月11日生まれ。狩野栄川古信の長男。狩野受川の養子となるが,養父の早世により2歳で木挽町(こびきちょう)狩野家をつぐ。江戸城や御所の障壁画,朝鮮贈呈屏風(びょうぶ)などの制作にたずさわる。法印。将軍徳川吉宗や家治の厚遇をうけ,奥絵師のなかで木挽町狩野家の地位を最上位に押しあげた。寛政2年8月16日死去。61歳。名は典信(みちのぶ)。別号に白玉斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

狩野栄川(2)の関連キーワード為笑江村春甫画猫道人篠嶋元琪春挙雪篷羽賀林真北幸山本素川劉安生

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone