コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野栄川(2) かのう えいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野栄川(2) かのう-えいせん

1730-1790 江戸時代中期の画家。
享保(きょうほう)15年11月11日生まれ。狩野栄川古信の長男。狩野受川の養子となるが,養父の早世により2歳で木挽町(こびきちょう)狩野家をつぐ。江戸城や御所の障壁画,朝鮮贈呈屏風(びょうぶ)などの制作にたずさわる。法印。将軍徳川吉宗や家治の厚遇をうけ,奥絵師のなかで木挽町狩野家の地位を最上位に押しあげた。寛政2年8月16日死去。61歳。名は典信(みちのぶ)。別号に白玉斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野栄川(2)の関連キーワード徳川吉宗ゲーテクープラン江村如圭フレデリック4世クレメンス12世前古典派音楽フレデリク4世洒落本バーク(Edmund Burke)

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android