コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野永朝 かのう えいちょう

美術人名辞典の解説

狩野永朝

幕末・明治の画家。字は白駒。別号に山雷。通称内記。狩野山楽直系の九代狩野永岳の養子。永岳に師事する。のち岡山に滞在して門下の指導にあたった。花鳥、山水を能くする。明治33年(1900)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android