コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野永朝 かのう えいちょう

美術人名辞典の解説

狩野永朝

幕末・明治の画家。字は白駒。別号に山雷。通称内記。狩野山楽直系の九代狩野永岳の養子。永岳に師事する。のち岡山に滞在して門下の指導にあたった。花鳥、山水を能くする。明治33年(1900)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android