コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野洞春 かのう どうしゅん

美術人名辞典の解説

狩野洞春

江戸後期の画家。駿河台狩野家三世元仙方信の子。名は美信、通称は三四郎。幕命により朝鮮国王に贈る屏風を描いた。式部卿法眼に叙せられた。寛政9年(1797)歿、51才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

狩野洞春の関連情報