狩野洞白

美術人名辞典の解説

狩野洞白

江戸後期の画家。駿河台狩野家五代。名は愛信。洞春美信の男、洞雲益信の玄孫。法眼に叙せられた。文政4年(1821)歿、50才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android