コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野由信

美術人名辞典の解説

狩野由信

江戸後期の画家。洞庭興信の子。初め元琳、のち洞琳または洞隣と号す、通称は久米吉または観之助、のち鏡之助と改める。祖父洞寿の跡を嗣ぎ、幕府の御用絵師となる。文政3年(1820)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野由信の関連情報