コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野益信 かのう ますのぶ

美術人名辞典の解説

狩野益信

江戸中期の画家。駿河台狩野家の祖。彫金家後藤立乗の子。通称は采女、号は洞雲・宗深道人・松蔭子等。幼時書を松花堂昭乗に学び、画を好む。画技を見込まれて探幽の養子となるが、実子でき別家を興こした。徳川家光に好まれ法眼に叙せられる。元禄7年(1694)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

狩野益信の関連キーワード住吉具慶