コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野益信 かのう ますのぶ

1件 の用語解説(狩野益信の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野益信

江戸中期の画家。駿河台狩野家の祖。彫金家後藤立乗の子。通称は采女、号は洞雲・宗深道人・松蔭子等。幼時書を松花堂昭乗に学び、画を好む。画技を見込まれて探幽の養子となるが、実子でき別家を興こした。徳川家光に好まれ法眼に叙せられる。元禄7年(1694)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野益信の関連キーワード狩野元仙狩野洞白狩野古信尾形洞霄狩野安仙狩野永梢狩野舟川狩野洞益狩野洞春(1)狩野梅雲

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野益信の関連情報