コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野益信 かのう ますのぶ

美術人名辞典の解説

狩野益信

江戸中期の画家。駿河台狩野家の祖。彫金家後藤立乗の子。通称は采女、号は洞雲・宗深道人・松蔭子等。幼時書を松花堂昭乗に学び、画を好む。画技を見込まれて探幽の養子となるが、実子でき別家を興こした。徳川家光に好まれ法眼に叙せられる。元禄7年(1694)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

狩野益信の関連キーワード住吉具慶

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android