コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野素川(1) かのう そせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野素川(1) かのう-そせん

1765-1826 江戸時代中期-後期の画家。
明和2年生まれ。狩野賢信(かたのぶ)の子。父の跡をうけて浅草猿屋町代地狩野家をついだ。一説では宇多川徳元の子とされる。木挽町(こびきちょう)狩野家の伊川に匹敵する実力者といわれた。文政9年10月2日死去。62歳。名は彰信。通称は仙次郎,外記別号に大玄斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野素川(1)の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフ田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)