独り狂言(読み)ひとりきょうげん

大辞林 第三版の解説

ひとりきょうげん【独り狂言】

一人芝居」に同じ。
ひとりで演ずる本狂言。狂言の古い形態の一つと思われる。「見物左衛門」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android