コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独占禁止法の改正

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

独占禁止法の改正

06年1月施行の改正独禁法では、(1)課徴金算定率の引き上げ(2)自ら関与したカルテル・談合を公取委に報告すれば課徴金が減免される制度の導入(3)刑事手続きを前提にした犯則調査権限の公取委への導入(4)審判手続きの見直し――などが盛り込まれた。付則には「施行後2年以内の見直し」が明記され、政府は08年通常国会に法案を提出する。課徴金の算定方法や審判手続きのあり方などが主な論点だ。

(2007-04-03 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

独占禁止法の改正の関連キーワード下請代金支払遅延等防止法事業者団体法放送持株会社三木武夫内閣ファンド

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独占禁止法の改正の関連情報