コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独嘯 どくしょう

大辞林 第三版の解説

どくしょう【独嘯】

( 名 ) スル
一人で詩歌を口ずさむこと。独唱。 「天風に-して、長空に向ひ浩歌せんか/日本風景論 重昂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

独嘯の関連キーワード永富独嘯庵日本風景論2月14日奥村良竹司馬芝叟淡輪元潜山脇東門漢方医学栗山孝庵山脇東洋松岡道遠永富朝陽亀井南溟永富亀山小石元俊亀井南冥古医方詩歌独唱長空

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android