独立行政法人の嘱託職員

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

独立行政法人の嘱託職員

正式の雇用や任命によらずに、ある業務に携わることを依頼された職員。独法関係者によると、独法で勤務する正規職員は長期の雇用契約を結んでいるが、嘱託職員は1年間など短期の雇用契約を結んで事務などを行う。

(2009-12-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android