猪熊 夏樹(読み)イノクマ ナツキ

20世紀日本人名事典の解説

猪熊 夏樹
イノクマ ナツキ

江戸時代末期・明治期の国学者,神官



生年
天保6年6月1日(1835年)

没年
大正1(1912)年8月7日

出生地
讃岐国大川郡(現・香川県)

別名
号=瑞枝舎

経歴
讃岐白鳥神社の祠官慶安の二男。幼時より家学をうけ、長じて高松藩儒友安三冬、友部方秀らに学ぶ。のち国学に専心。京都白峰宮(現・白峰神官)の造営に力を尽くし、慶応4年(1868年)創建と同時に、その神官に就任。明治5年伊勢神宮の神楽改正取調べを命ぜられる。ついで護王神社禰宜を務め、18年京都師範教諭、23年京都第一高女教諭となった。39年宮中御講書始に「古事記」を講じ、以後毎年講官を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android