コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猶し・尚し なおし

大辞林 第三版の解説

なおし【猶し・尚し】

( 副 )
〔「し」は強意の助詞〕
それでもやはり。 「橘は花にも実にも見つれどもいや時じくに-見が欲し/万葉集 4112
ますます。いっそう。 「懐の内を放つそら-悲かなしみの心たへがたし/今昔 9
あたかも。まるで。多く「なおし…の如し」の形で用いられる。 「侍さぶらいの言葉は綸言にも同じ。-汗の如しとて/義経記 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android