コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿楽・申楽 さるがく

1件 の用語解説(猿楽・申楽の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さるがく【猿楽・申楽】

軽業かるわざ・奇術や滑稽な物まねなどの演芸。奈良時代に唐から伝来した散楽さんがくを母胎につくり出されたもの。鎌倉時代頃からこれを職業とする者が各地の神社に隷属して祭礼などに興行し、座を結んで一般庶民にも愛好された。室町時代になると、田楽や曲舞くせまいなどの要素もとり入れ、観阿弥・世阿弥父子により能楽として大成される。さるごう。
能楽の旧称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone