コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿繋ぎ・猿繫ぎ さるつなぎ

1件 の用語解説(猿繋ぎ・猿繫ぎの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さるつなぎ【猿繋ぎ・猿繫ぎ】

中世・近世において、開いた戸や扉が風にあおられるのを防ぐために壁や柱にとめておくのに用いた金具。あおりどめ。 →
猿をつなぐように、後ろ手にしばって柱などにつないでおくこと。 「一人も洩さず-/浄瑠璃・会稽山」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone