コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿頬・猿頰(読み)えてぼお

大辞林 第三版の解説

えてぼお【猿頬・猿頰】

さるぼお【猿頬・猿頰】

猿が食べ物を入れておくための、口の中の両側にある袋状の部分。ほおぶくろ。
武具の名。ほおとあごをおおう鉄の面。
海産の二枚貝。殻長5センチメートル 内外。赤貝に似ている。東京湾以南の浅海の砂泥地にすむ。食用。
片手桶かたておけの江戸での呼称。 「そのくせ夏は-をつけて、随意きままに汲ませる/滑稽本・浮世風呂 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android