コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄慧・玄恵 げんえ

大辞林 第三版の解説

げんえ【玄慧・玄恵】

?~1350) 〔「げんね」とも〕 鎌倉後期の天台宗の僧。京都の人。一説に虎関師錬こかんしれんの弟という。禅宗に心を寄せ、宋学にも詳しく、後醍醐天皇の侍読をつとめ、のち幕府に重んぜられて建武式目の制定に尽力。「庭訓往来」「喫茶往来」の作者、「太平記」の補作者とする説があるが、いずれも確証はない。

げんね【玄慧・玄恵】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玄慧・玄恵の関連キーワード後醍醐天皇建武式目玄慧侍読

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android