コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄海(1) げんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄海(1) げんかい

?-? 鎌倉時代の仏師。
文永10年(1273)奈良元興寺(がんごうじ)の古橋寺金堂の棟木をもちいて,京都嵯峨(さが)清凉寺釈迦(しゃか)像を5体模刻した。現在ものこる1体の台座裏の銘文造立経緯とその名がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玄海(1)の関連キーワード国内原発の廃炉の状況鎌倉時代仏師

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄海(1)の関連情報