玉を吞む(読み)ぎょくをのむ

大辞林 第三版の解説

ぎょくをのむ【玉を吞む】

株式または商品の取引員が客から受けた売買の注文を取引所を通さずに、他の客の注文と組ませて自分が売買の相手となり、客に対しては市場にのせたように偽って、証拠金や手数料をだましとる。吞む。ふところあい。 〔この行為を「吞み行為」という〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android