玉串料と真榊(まさかき)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

玉串料と真榊(まさかき)

神社にお参りした際やおはらいを受けた際の謝礼として、金銭を包んで奉納するのが玉串料。初穂料とも呼ぶ。真榊は神前に供えるサカキの鉢植え。靖国神社に奉納できるのは、1年で最も重要な祭事である春と秋の例大祭のみ。安倍首相は第1次内閣の2007年も今年も4月の春季例大祭で真榊を奉納した。

(2013-08-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android