コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉原高原 たんばらこうげん

1件 の用語解説(玉原高原の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕玉原高原(たんばらこうげん)


群馬県沼田(ぬまた)市の北部、武尊(ほたか)山南西腹に広がる高原。標高約1200~1400m。面積約9km2。ブナ・ミズナラなどの林間にミズバショウ・リュウキンカなどの湿生植物や高山植物が自生。発知(ほっち)川源流に建設されたダム湖の玉原湖の東側にキャンプ場・テニスコート・スキー場などの行楽施設が整備され、ペンションビレッジなどの宿泊施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉原高原の関連キーワード沼田市沼田沼田藩沼田盆地見沼沼田[市]沼田景義沼田笠峰細谷浅松三平峠

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉原高原の関連情報