コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉原高原 たんばらこうげん

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕玉原高原(たんばらこうげん)


群馬県沼田(ぬまた)市の北部、武尊(ほたか)山南西腹に広がる高原。標高約1200~1400m。面積約9km2。ブナ・ミズナラなどの林間にミズバショウ・リュウキンカなどの湿生植物や高山植物が自生。発知(ほっち)川源流に建設されたダム湖の玉原湖の東側にキャンプ場・テニスコート・スキー場などの行楽施設が整備され、ペンションビレッジなどの宿泊施設がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

玉原高原の関連キーワード群馬県沼田市上発知町Chika高山植物湿生植物林間自生

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉原高原の関連情報