コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉山[村] たまやま

世界大百科事典 第2版の解説

たまやま【玉山[村]】

岩手県中央部,岩手郡の村。人口1万4245(1995)。盛岡市の北に接する。中東部は北上高地に属する山地で,西部は南流する北上川沿いに低地がわずかにあるほかは丘陵がゆるやかに起伏する。古くは馬産地として知られ,また交通の要所で宿場町でもあった。北上川沿いに東北本線,国道4号線が走り,好摩(こうま)駅で花輪線を分岐する。主産業は農業で,米のほかホップ,野菜などの栽培,畜産が行われる。外山早坂高原県立自然公園に含まれる岩洞(がんどう)湖,スズランの名所として知られる姫神山などの景勝地があり,姫神山西麓の渋民は石川啄木の生地で,啄木記念館がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android