玉川 忠太(読み)タマガワ チュウタ

20世紀日本人名事典の解説

玉川 忠太
タマガワ チュウタ

大正・昭和期の病理学者 広島医専教授。



生年
明治30(1897)年9月3日

没年
昭和45(1970)年10月31日

出身地
兵庫県

学歴〔年〕
岡山医専(現・岡山大学)卒

経歴
昭和20年広島医専(現・広島大学)教授。家鶏肉腫や日本脳炎などの研究に携わる。原爆投下後、いち早く被爆者病理解剖を行い、被爆病理学の進展に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉川 忠太の関連情報