コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川千之丞(2代) たまがわ せんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉川千之丞(2代) たまがわ-せんのじょう

?-1693ごろ 江戸時代前期の歌舞伎役者。
初代玉川千之丞の養子ともいわれ,延宝3年(1675)ごろ江戸で2代千之丞を襲名。貞享(じょうきょう)元年に刊行された役者評判記「野郎三座詫(やろうさんざたく)」に若女玉河千之丞とあり,元禄(げんろく)元年刊の「役者辰鏡」では若女方として中の位をあたえている。元禄6年ごろ死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉川千之丞(2代)の関連キーワードコングリーブ(劇作家、詩人)近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)天文学史(年表)日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦異称日本伝井原西鶴西鶴置土産