コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川美久(初代) たまがわ よしひさ

1件 の用語解説(玉川美久(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉川美久(初代) たまがわ-よしひさ

1725-1789 江戸時代中期の装剣金工。
享保(きょうほう)10年生まれ。伯父玉川承寿の弟子となり,ついで矢田部通寿にまなび,のちに玉川派をおこした。竜をほるのがたくみで,常陸(ひたち)水戸鍛冶(かじ)町にすんだ。寛政元年死去。65歳。通称は太七。号は如英軒,九々軒,騰雲。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉川美久(初代)の関連キーワード曲芸嬉野次郎左衛門ピョートル河東節フランス文学史北風六右衛門鳥文斎栄之振鷺亭細田栄之峰崎勾当

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone