コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉掛け たまがけ

大辞林 第三版の解説

たまがけ【玉掛け】

クレーンやデリックなどに荷を吊らせる際、ワイヤー-ロープまたはチェーンなどを荷に掛けたり、運搬の合図を行う作業。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉掛けの関連キーワード津田タカシゲ先山・前山杉原枝利香櫻井美代子古屋隆太デリック板垣雄亮吉田大祐榎亮太朗赤木悠真黒沢光義岩下智和稲次将人ワイヤーチェーンクレーン戸塚飛翔天野一揮平尾光谷川功

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉掛けの関連情報